MRM 吃音を克服、改善するプログラム!吃音の原因はなに?

大人の吃音で多いのはどのタイプ?

大人の吃音で多いのは、【難発(なんぱつ)】タイプの吃音だと言われています。

 

難発と言うのは、はじめの言葉がなかなかでてこない吃音です。

 

「こんにちは」というときに、「・・・・・こんにちは」のように、すぐに一言目がでなくなってしまいます。

 

 

このほかには、連発(れんぱつ)「こここここんにちは」というものと、伸発(しんぱつ)「こーーーーーんにちは」というタイプがあります。

 

人によると思いますが、連発や伸発を恐れるうちに難発になったり、難発の吃音を打開しようとするときに、連発や伸発になってしまうのかもしれません。

 

この3つのタイプは、独立していると考えるよりも、関係しているとも考えられます。

 

 

一般的にどもりと認識されているのは、連発のタイプの吃音ですね。

 

なので、一言目がでにくい難発は、どもりと認識されないことがあり、他人の理解を得られにくいという特徴があるようです。

 

社会人になり、仕事で電話の応対をしないといけないとしたら、難発タイプだと、一言目の会社名がとっさにでてこなくなり、

 

電話なのに無言になってしまう、ということで困っている人がたくさんいるようです。

 

 

これでは、仕事になりませんよね。

 

電話は相手の顔が見えないから全然平気、という人もいますが、電話が特に苦手という人はかなり多いです。

 

これだと、電話が鳴るたびにびくびくしてしまい、電話が鳴っていないのに、「何時鳴るだろう、何時鳴るだろう」と予期不安で常に緊張してしまうということにもなりかねません。

 

 

子供の吃音と違うのは、大人の吃音はこのように仕事上で困るということです。

 

仕事は電話だけではありません。

 

会社の同僚が結婚すれば、結婚式のスピーチがありますし、プレゼンテーションがあったり、朝礼の挨拶があったり、セミナーを開くかもしれません。

 

とにかく、大人の吃音は、仕事に支障をきたしてしまうことが非常におおいです。

 

できれば、早いうちに吃音の症状を緩和したいですよね。

 

このサイトで紹介しているMRM 吃音改善プログラムは、そんな大人の吃音に役立ってくれることと思います。

 

 

MRM吃音どもり改善プログラムはこちら